忍者ブログ
教育・育児に関する本の情報満載のブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ことばあそびうたことばあそびうた
谷川 俊太郎 /瀬川 康男
福音館書店 刊
発売日 1973-10


「ののはな」「かっぱ」「うそつききつつき」「うとてとこ」など軽快でおもしろい「ことばあそびうた」が15編収められた絵本。1973年の出版以来、多くの子どもたちに愛されてきた1冊で、続編として『ことばあそびうた また』がある。 はなののののはな はなのななあに なずななのはな なもないのばな
かっぱかっぱらった かっぱらっぱかっぱらった とってちってた
かっぱなっぱかった かっぱなっぱいっぱかった かってきってくった
このひらがなだけで書かれた「ことばあそびうた」のおもしろさは、声にだしてこそ。「ことばあそび」を覚えはじめるくらいの子どもになったなら、きっと何も言わずとも声にだして大騒ぎをするだろう。声の高さを変えて、リズムを変えて、いろいろな方法で楽しみたい。瀬川康男による絵も、谷川俊太郎の詩の世界をより深く私たちに感じ取らせてくれる。子どもだけでなく、大人も一緒になって日本語の美しい響きを楽しんでみたくなる。(小山由絵)

こえにだしてよんでみて 2004-01-26
                                                                      この本をおすすめしないわけには参るまい。なぜなら私が小さいころ飽きもせずいっつも読んでいた本だからだ。この絵もとても印象に残っている。私は「かっぱ」が好きだが「ぐんまのとんま」もいい。「あんま」ってなんだろうと思ったりしたものだ。ことばの羅列の偶然で思いもよらぬ意味合いが生まれたりする。谷川俊太郎さんの得意技といった感じだ。 もうひとつの「ことばあそびうた・また」よりも私は前作のほうが好きだ。絵もこっちのほうがいい。 そしてこの本はぜったい大声で声にだして読まなくてはならない!ぜったい楽しくなってくるはず。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
しょうぼうじどうしゃじぷたしょうぼうじどうしゃじぷた
渡辺 茂男 /山本 忠敬
福音館書店 刊
発売日 1966-06


1966年に出版されて以来、多くの「はたらくくるま」好きな子どもたちに愛されてきたロングセラー絵本。「くまくん」シリーズなどで知られる渡辺茂男と、乗り物絵本の第一人者である山本忠敬が手を組んだ一冊で、全国学校図書館協議会選定「必読図書」に選ばれるなど評価も高い。このコンビによる乗り物絵本として、ほかに『とらっくとらっくとらっく』がある。
消防署のすみっこに、古いジープを改良した、ちびっこ消防車のじぷたがいた。けれども、だあれも、じぷたのことなんか気にかけない。じぷたは、はしご車ののっぽ君と、高圧車のばんぷ君、救急車のいちもくさんが大きな火事で大活躍するのをうらやましく思うばかり。しかし、じぷたにも山小屋の火事を消し止めて、山火事を防ぐという大仕事がやってきた。
だれにでも得手不得手はあるもの。普段は目立たなくとも、いざとなれば、せまく険しい山道を平気で登り、見事火事を消し止めるじぷたに、自分を重ねる子どもたちも多いのではないだろうか。(小山由絵)

良い絵本です! 2002-02-10
2歳の息子。ミニカーばかり興味を示し、絵本なんて全然。
じゃあ自動車の絵本ならと・・購入!とても喜んでます。
じぷたの「ぷーぷー」というサイレンを声を変えてあげると
大喜びです!


さらに詳しい情報はコチラ≫


あおくんときいろちゃんあおくんときいろちゃん
レオ・レオーニ
至光社 刊
発売日 1984-01


作者であるレオーニは、アメリカで活躍した芸術家であり、アート・ディレクターとしても活躍をしていた。優れた仕事をしたきた彼が、ある日、孫たちをあやすため、手近にあった紙に、これもまた、手近にあった絵筆と絵の具で、即興のストーリーを紡ぎ出した。それが、本書である。
青と黄色。単純な筆あとが、いくつもの場面を楽しく想像させる。そこには、不思議なリズムがあって、無理がない。あおくんと、きいろちゃんがうれしくて抱き合って、緑色になってしまう場面は、ほほえましく「仲良くする」とは、こういうものなんだとダイレクトに伝わってくる。
そして、やはり豊かな色彩感覚には目を見張る。幼児向けではあるが、それだけにとどまらない力強さと、素朴さを兼ねあわせた絵本である。原題は『Little Blue and Little Yellow』。(たけだ 凛)

レオ・レオニの世界とであった記念すべき1冊 2004-12-04
いまから20年近く前、母親になりたてだったころ、この本と
出合いました。
シンプルな構成と色使いに、迷わず買った本でした。もちろん
あおくんときいろちゃんに息子も夢中になり何十回読んであげたか
わからないほどです。いまでもソラで文を言えるほど。
シンプルな中にあたたかい「何か」が流れているのですね…
こどもはちゃんとした形になったものだけを理解するのでは
なく、抽象化された形の中にも物語を見出す力があるのですね。
親子でこの本のとりこになり、そしておもいっきりレオ・レオニの
作品にはまりました。我家の息子たちはレオ・レオニの世界から
「たいせつなもの」を学び取ってくれたように思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


ずーっと ずっと だいすきだよずーっと ずっと だいすきだよ
ハンス ウィルヘルム
評論社 刊
発売日 1988-12




味わいのある絵本です。 2004-03-20
 日本の小学校1年生の国語の教科書にも載っている、有名な絵本です。
 教科書には出てこない挿絵を見つけて楽しみました。また、読んでみて、日本語に翻訳された文章も素晴らしい訳文であることを理解しました。
 動物を扱っているので小さな子にも理解しやすく、しみじみとした味わいもある作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


たいせつなことたいせつなこと
レナード ワイスガード /マーガレット・ワイズ ブラウン
フレーベル館 刊
発売日 2001-09


窓際に赤いりんごと赤いチョウ、巻き上げられたカーテンの向こうに赤いトンガリ屋根が見える、のどかな風景の表紙。素朴な描写なのに、誰の心にも眠っていた場面を呼び覚ます絵。開くと、扉には小さく本が描かれている。右ページに1匹の黒い虫、左ページには小さな文字で、「コオロギは くろい/トンと とんで/ピョンと はねて/チリリリ ないて…」。こんな詩のような言葉が、そっと置かれている。次のページは、コップなどの卓上静物と、開かれた本。こんどは「グラスに とって/たいせつなのは/むこうがわが/すけてみえること」。
空、風、雪、雨、花、虫、毎日使っているスプーンや靴、そんな当たり前すぎてつい見過ごしている、自然やモノと人とのかかわりを、即物的な目で丹念に捉えなおす。さらにこの絵本には、その先がある。そのモノがそのモノであるために大切なことは何かを、ずばっと言い当て、なるほどと納得させる。
1949年の初版以来、アメリカでは多くの人に読み継がれてきたロングセラーの名作が、今まで日本に紹介されなかったのが不思議なほど。おばあさんの代から受け継がれてきた、はげているがツヤの出た、なつかしい木の家具のように、時間に磨かれた1冊。心と頭の常備薬として、さりげなく本棚にしのばせておきたい、大切な古典の1冊だ。
これが初めての翻訳だという、この絵本の紹介者であり訳者の、初々しい、響きのよい日本語がすてき。胸にストンと落ちてくる。(中村えつこ)

凹んだ時に・・・ 2005-08-17
ただしみじみと 読んでみてください何も考えずにラストが あなたのココロを 包んでくれるでしょう


さらに詳しい情報はコチラ≫




Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
フリーエリア
プロフィール
HN:
Yopi
性別:
男性
バーコード