忍者ブログ
教育・育児に関する本の情報満載のブログ
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

間違いだらけの学習論―なぜ勉強が身につかないか間違いだらけの学習論―なぜ勉強が身につかないか
西林 克彦
新曜社 刊
発売日 1994-05




これはまず、親が読むべき。 2005-06-08
おそらくこの本は、学校の先生が主に読まれると役に立つと思いますが、(はっきりって、学習者自身がこの本を読む頃には、すでに学習者の学習スタイルは偏って定着しており、自覚的に修正することはかなりの労力を伴うと思う。)一番読んでほしいな、と思ったのは、まだ学習スタイルが固定していない、小学生の子を持つ親。
今、学校の問題点としてよく挙げられる、いじめ、学級崩壊をはじめとする話題とは別の次元で、「学習とは何か」を問うべきです。この本によれば、多くの親が思っているように「学校でまじめに勉強してさえくれれば」それなりに良い影響があるだろう、というような期待はそもそもできない、ということが分かるのではないでしょうか。私は、通常学校で行われている授業自体が、学習者本人にとっていかに弊害となるかを実感しました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
最短期間で成績を上げる 最強最後の学習法最短期間で成績を上げる 最強最後の学習法
後藤 武士
宝島社 刊
発売日 2005-01-29




こどもたちに素敵な人生を贈るチャンス 2005-11-13
子供に理解力と勉強し続ける体質を身につけるために、親が読んでお
けばかなり役立つことが書かれています。特に国語読解力向上の部分
は大切だと思います。
現在の国語学習ブームを批判しつつ展開される学習法はその理屈を
しっかり理解して実践したいものです。具体的な勉強法や勉強する場所、ノート、予定表、ボールペンの使い
方など、さまざまな面からの意外なアドバイスがあります。本の構成自体がとてもわかりやすくバランスがとれています。各章に
まとめがあるのも親切です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


夜回り先生こころの授業夜回り先生こころの授業
水谷 修
日本評論社 刊
発売日 2005-10




最高でした。 2005-11-15
まず、このブルーのさわやかな色の装丁に惹かれました。
そして、水谷先生からの詩(メッセージ)がカラーで16ページ
もあってお買い得感もありました。
内容としては読んでいくにつれて切なくなり、そして最後の方に
なるとただただ感動でした。これからも本を書き続けて下さい!


さらに詳しい情報はコチラ≫




Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
プロフィール
HN:
Yopi
性別:
男性
バーコード